クリックで救える命がある。

Title Information

REGENERATION

吉田悠二
2015.07.04

雫 - Shizuku -

遥 -Haruka-
2011.06.25

Myst...

Surya
2011.06.08

Haruka Music Face Book

Amay's 始動 [Monthly Report 2016-09]

昨年、復帰第一作として「REGENERATION」を発表し、その後活動を続けてきた。その活動の中で知り合った2人の素晴らしいミュージシャンと共に、「Amay’z」としてトリオバンドが始動した。私にとってこれは非常に大きな一歩となる。2016年11月5日、『Fusion Night』というイベントで初披露となる。

私の曲(ほぼREGENERATION収録曲)を、秋葉嘉範(Bass)、水原将司(Drums)という超強力なリズム隊と共に表現する。

amayzこのお二人、会った瞬間に「出来る!」と分かった人である。音楽畑で育ってくると、不思議なもんでそういう直感が働くようになる。そして実際に音を聴けば、「やっぱりね」ということになる。そういう方は、今までプロの現場ではよく出会ったが(プロなのだから当然だけれど)、この十数年はおそらくそういう直感が働いたことは無かった。

実はこのトリオの話は1年前くらいからあったのだが、きっかけがなかなか無かった。ところが、今年の7月に「夏の夜のJazz Festival in 静福寺」に「Whiz+」のキーボードとして参加させていただいた経緯から、今回の「秋の夜のFusion Night」というイベントに誘っていただいき、ようやく実現に至ったというわけである。

一応Fusionというくくりになっているが、私自身この曲たちのジャンルはよくわからない(だからFusionなのだと言われればそれまでだが)。私自身は超絶テクニックでのプレイが出来るわけでもなく…。ただ、ドラム・ベースのこの二人はそれが出来てしまうから、私が彼らに支えてもらっているだけということかもしれない。

先日、初のリハーサルを行った。コンピュータとの同期演奏となるので(人間とコンピュータ、いったいどっちがコントロールされているのか…)、”まずはテスト”といった感じで完成度は低いのだけれど、それでも「行けるいける、これはいい、もっとすごくなるに違いない!」という感触を持つことが出来た。

コンピュータとの同期演奏の難しさは、機械と人間がいかにグルーブを産み出すかという点にあると思う。機械はあくまでも補佐であるべきであり、人間のグルーブが音楽(とりわけライブ演奏)の全てであると思うわけで。ITやAIのテクノロジーが発達した今でも、まだ人間に合わせられる機械は無いわけであり…となると、最低限はコンピュータに合わせなくてはならない。その上で、機械が補佐していることを忘れてしまうような、ヒューマングルーブを醸し出さなくてはならない。

(まあ、そう遠くない未来に、人間の演奏に合わせられるコンピュータ演奏者が現れるんでしょうな…。怖い怖い。)

いずれにせよ、今回の作品は吉田悠二の「REGENERATION」の曲であるが、私一人の世界から飛び立って、より大きな世界観を提供できるのではないかと、自分自身大いに期待している。

夏の夜のJazz Festival in 静福寺 Presents

「秋の夜のFusion Night」

2016年11月5日土曜日
18:30 OPEN 19:00 START

出演
・Amay’z
・G-Belts
・Local627

Ticket 1500円(当日1800円) ※小学生以下無料
会場:静福寺本堂(北海道上川郡鷹栖町11線6号)

コメント投稿

スパム防止のためにやむを得ずメールアドレス等の入力をお願いしています。(名前はハンドルネームで結構です。メールアドレスは公開されません。なお、管理者により投稿を確認させていただいてからの掲載になります事をご了承ください。)

 

 

 

You can use these HTML tags

<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>