クリックで救える命がある。

Title Information

REGENERATION

吉田悠二
2015.07.04

雫 - Shizuku -

遥 -Haruka-
2011.06.25

Myst...

Surya
2011.06.08

Haruka Music Face Book

北海道の大地で見た光景~宇宙からの言葉~

雲間から差し込む太陽の光が、大地に放射状にひろがる。

巨大な地球、そしてもっと巨大な空、そしてもっともっと巨大な太陽、そしてそれらを包み込む宇宙。

素晴らしい空間に我々は生きている。それを感じさせてくれる太陽の光。

素晴らしい。

「素晴らしい」という言葉があまりにも陳腐に感じる。この北海道の大地が魅せてくれるこの宇宙の有様は、他の地域で暮らしていてはなかなか味わえない。ましてや大都会では。

ちっぽけな人間社会。ほんのわずかな息吹しかないのに、我が物顔で傲慢に生きる人間たち。

この景色をみれば、何か分かるんじゃないか?と思う。

私には、こんなメッセージが聞こえて来た。

『ちっぽけで弱々しく、思い上がった人間たちよ。お前たちはその地球で何をし、どうしようとしているのだ。しかし、お前たちがどうあがいたって、この宇宙を支配する事などできないのだよ。どんなに壊した所で、お前たちには何も変えられない。

少しの間だけ繁栄するが良い。お前たちは自分で自分たちを苦しめ、滅びて行くだろう。

戦争?核拡散?温暖化?テロ?そんなことで地球は壊れはしない。今お前たちは、ただそうやってもがいて苦しんでいるだけだ。

われわれ宇宙は、お前たちの想像よりも、遥かに巨大で遥かに偉大なのだよ。』

宇宙の壮大さ(いや単純に人間の小ささと言い換えた方がいいか)は実感する事が普通ではできない。こういう光景をみれば少しは分かる様な気がする。

100人の村という話。あの例えで語られると、いろんな事が理解しやすい。サンプルが1000人にもなれば、もう人間は理解を超えて行く。

普通私たちは、30~40人の周辺社会しかとらえることができないだろう。学校での1クラス程度だ。多くても百人程度か。部分部分ではとらえる事ができても、一つの単位としてとらえることができないのが人間の限界。『そのテレビ番組を今1000万人が見ている』という状況を、つぶさに理解(あるいは想像)できる人間は誰もいないだろう。数字や概念では理解できても、実際の光景をイメージできる人間などいるだろうか?1000万人の顔が目に浮かぶだろうか?

そんな”自分の周りしか見られない”毎日を生きていると、人間はどんどん傲慢になって行く。極端に言えば、『私が生きているから宇宙があるのだ』と無意識に思い出す。この大きな世界に生きている事を実感できないから。

人間とは、かく弱きもの。

モノが溢れ、情報や刺激にあふれる現代。

やはり我々は、行き過ぎているんじゃないだろうか。

欲に任せて発展しすぎているんじゃないだろうか?だから幸せになれないんじゃないだろうか。

こんな世界しか知らないで育ってきた。

モノがある、情報がある、そういった幸せのある中で育ってきた我々は、それらの存在が『当たり前』として捉えてしまう。だから、その上で「もっともっと幸せに…」「もっともっと気持ちよく…」と考えだす。本当は充分なのに「あれが足りない」「これが足りない」と言って・・・・・。

産業革命、経済発展、経済成長、技術革新・・・これらは本当に必要な事だったのか?

そんな今までにも何度も考えて来た同じ事を、技術の粋を集めた快適な特急列車の中でコンピュータを前にしながら考えている・・・私はかく弱きもの。

コメント投稿

スパム防止のためにやむを得ずメールアドレス等の入力をお願いしています。(名前はハンドルネームで結構です。メールアドレスは公開されません。なお、管理者により投稿を確認させていただいてからの掲載になります事をご了承ください。)

 

 

 

You can use these HTML tags

<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>