クリックで救える命がある。

Title Information

REGENERATION

吉田悠二
2015.07.04

雫 - Shizuku -

遥 -Haruka-
2011.06.25

Myst...

Surya
2011.06.08

Haruka Music Face Book

星空の龍氷 [Monthly Report 2015-11]

北海道立オホーツク流氷科学センター(紋別市)をご存知ですか?私は先日初めて伺いましたが、ライブ出演でしたので見学コースは全く見ておらず、ちょっと残念。2年ほど前に流氷を観に行ったのですが、ガリンコ号という砕氷遊覧船に乗って沖合まで行きました。半径8メートルくらいの流氷が最大。時期が少し早かったみたいです。なので、今度は流氷の季節に行って、このセンターにもちゃんと見学で入るつもりでいます。

さて。
去る10月10日から、このセンターで「折り紙で綴るオホーツクの自然」という企画展が開催されていた。折り紙で大小様々な動物や植物などを作り、会場内にジオラマのような形で展示されていた。その会場に流れるBGMを作曲させて頂く機会をもらえた。当初から管弦楽作品を書こうと決めていた。今のDAWとソフトウエア音源ならそれが可能。ただ、オーケストラ楽器は特に音量変化が大きいので、それを全部データで書く(本当にグラフィックで書く)のは骨が折れる。しかし、頭の奥でなっている音に近い曲に仕上がってくれば、やはり素直に嬉しい。

「私はこういうことがしたかったんだ!」と改めて感じた。
先にBGMと書いたが、当の本人(私)はBack Ground Musicとは到底思っていない。もちろん主役ではないが、主役のイメージを更に高めるための芸術的作品作りをしたいのだ。心・感情・風景・色…から「音」を紡ぎだしたいのだ。映画・映像・ドラマ・舞台など・イベント・セレモニー・何か新しい表現に付く音楽などの作曲をしたいのだ。

曲自体の満足度は、毎度ながら低いのだが、それでも一歩だけ進んだ気持ちにはなれた。

 IMG_2136IMG_2125

 

でまあ、そのお披露目というか、生の演奏を披露することになった。オカリナ奏者&シンガーの「眞朝」さんとのユニット「ORIGIN」として出演。3曲プラスαの短いステージだが(といっても展示会のBGM曲「星空の龍氷」は10分近くある…)、お客さんには喜んでいただけたようだ。

今年のライブ活動は、9月末で終了!としたはずだったが、急遽のこのライブも入り、さらにまた「ピンチ!助っ人頼む!」という以前からやっていた旭川のバンドからの連絡も入り、まだライブ出演は終わらない。

ありがたいことである。

…ちょっとキツイけど(笑)

 

■後記

今年の冬は例年より早くやって来た。忙しい最中つい越冬の準備が間に合わず、気がつけば陸の孤島に(雪で埋もれたってこと)。除雪機を動かそうにも、どうも調子が悪くてエンジンがかからない。時間を見つけては、メンテナンスやら分解やらをしている。今年もサバイバルの冬が始まった。とほほ。

 

 

コメント投稿

スパム防止のためにやむを得ずメールアドレス等の入力をお願いしています。(名前はハンドルネームで結構です。メールアドレスは公開されません。なお、管理者により投稿を確認させていただいてからの掲載になります事をご了承ください。)

 

 

 

You can use these HTML tags

<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>