クリックで救える命がある。

Title Information

REGENERATION

吉田悠二
2015.07.04

雫 - Shizuku -

遥 -Haruka-
2011.06.25

Myst...

Surya
2011.06.08

Haruka Music Face Book

鈍感力 [Monthly Report 2015-02]

このところ、ライブへ向けての創作や準備、生活の糧にするための事業の推進、心を分断されるような出来事に翻弄される日々などが続いた。かろうじて、牛歩ではあるが歩いている。戻るときも多々ある。1年前と何も変わらず進んでいないと気づく時もある。でも、「少しは強くなってきたもんだなあ」とも思う。いや、単純に鈍感になってきただけかもしれない。

 

鈍感、Welcomeだ。

 

なぜ私は、こんな困難な道へ進むのだろう?バカでしか無い!と思うのだが。それでも私は音楽を選んだ。この不便で面倒臭くて危険な場所で生きることにもした。その道で誰かに喜んでもらえれば、私が存在する意味があるのだ。喜んでもらうには、自分しか出来ないことをした方がいい。弱点をなくするのではなく。そう考えると、今やっているやり方に到達してきたわけである。

GOOD!とは到底思えないけれど、今までのMy Bestであるのは多分間違いないのだろう。その程度がMy Bestなのだ。情けない。

 

「もっと演奏向上に自分のリソースを使ったらどうか」「それで音楽家といえるのか」と言われたら言い返す言葉もない。

 

こんなやり方しか、出来なかったのだ。私は、それを自分自身で選択してきたのだ。

 

その「困難な道」だと思ってきた道は、自分にとっては一番簡単な道だったのだ。「一番困難な道から逃げた証」なのだ。

 

 

そんなことを考えていた数ヶ月。

 

コメント投稿

スパム防止のためにやむを得ずメールアドレス等の入力をお願いしています。(名前はハンドルネームで結構です。メールアドレスは公開されません。なお、管理者により投稿を確認させていただいてからの掲載になります事をご了承ください。)

 

 

 

You can use these HTML tags

<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>