クリックで救える命がある。

Title Information

REGENERATION

吉田悠二
2015.07.04

雫 - Shizuku -

遥 -Haruka-
2011.06.25

Myst...

Surya
2011.06.08

Haruka Music Face Book

『冬の洗礼』 2012年12月 マンスリーレポート

皆様、こんにちは。そして、明けましておめでとうございます。
2012年、マヤ暦ではこの年の冬至付近で世界は終わっていたようですが、なんとか超えましたね。でも、本当は2015年だとか2020年だとかいろんな説があるところは、1999年のノストラダムスの大予言の時と同じですね。

私は、こういうのを信じる質では無いんですが、でも節目であるということを考えるようにしています。1999年はもちろん新世紀へ向けて、そして2012年は新世紀が始まって1サイクル(なぜ12年がワンサイクルなのかはテキトーですが…)終了した時と。

2000年台は、私にとってもみなさんにとっても激動の時だったのではないでしょうか?そう感じるのは、まぎれもなく、1900年台後半が比較的安穏としていたからだと思います。ただ、それだけのこと。どの時代も実は激動なんですよね、きっと。

話がそれますが、日本では、江戸時代が一番よい時代だったのだと私は考えています。大きな戦乱も無く、それ以前よりは食糧事情もまともになり、でも近代の産業革命で飛躍的に便利になる前で、だからこそ人が普通に(自然にというべきかも知れません)人生を遅れた時代だったのではないでしょうか?「あの時代に戻ろう!」などと言うつもりは毛頭ありませんが、参考に出来ることはたくさんあると思います。Lohasだとかパーマカルチャーだとか、循環型社会だとか、いろいろ言われるようになってきていますが、「そんなの江戸時代には完成してたよ」ということを知ると、”人よ、愚かなり”と思わざるを得ないわけです。事故が起きてから、やれ”原発反対!”などということを、声高に叫ぶ政治屋を見ると、プシューと萎えてしまいます。「俺も同じ人間なんだな〜」と。

さて、2012年末のConcertoですが、すっかり雪に埋もれています。今年は動力除雪設備もないので、一体どれだけ降り積もりどれだけ大変か、実験してみようという気持ちでやっていますが、時折猛吹雪にみまわれ、気がつけば敷地から出られない「陸の孤島」になってしまう経験を重ねてくると、「俺はやっぱりアホだな…」と思わずに入られません(^ ^);

正直言えば、「こりゃ命が危ないなあ〜」と思うこともあります。今の家の中は灯油ストーブで暖をとっていますが、このストーブは電気が無いことには動きません。ファンヒーターもボイラーもちろんですよね。水は電気ポンプで汲み上げています。つまり、電気がもし滞ったら…。気温はマイナス20度を下ることもよくあります。基本的にプラスの気温になることはありません。(今日は暖かいなあと思った時、温度計をみるとマイナス5度くらいということはよくあります。)そんな中で、暖をとらずに人は生きられるのか?たぶん無理でしょ。

もっとも、お隣さんは数百メートル行けばありますから、最悪の時は死ぬなんてことは無いでしょうけれど。そこまでアホではないと思います。

で、でですよ。こんな時に限っていろんなトラブルが連続します。

ストーブが爆発しました。ちっちゃな爆発ですけれど、煙突が外れるわススが降ってくるわ…。もしもの時のためにとってあった別のストーブを出してきて取り付けましたが、これも調子悪い。(幸い、ファンヒーターがあったので暖をとることが出来ましたが。)

車が壊れました。マニュアル車に乗っているのですが、ギアがバックに入らなくなってしまいました。というか、レバーが傾いているんですよね、全体的に。普通「左に傾けて前に倒せばローに入る」ところが、「まっすぐ前に倒すだけでローに入る」というような状態です。ですから、右に倒せばサードやトップに入るのですがそれ以上右に倒すことが出来ない。だからバックに入らない、ということです。
止まった場所が雪山の前だったので、バックしないことには動かすことも出来ません。今現在(2013年1月5日)寒空の中、修理が来てくれるのを待っています。

水汲み隊出動

水汲み隊出動

飲料水は、ヒミツの場所から汲んでくるのですが、車がないことには運ぶことができません。一度汲みに行けばひと月位は持つのですが、ちょうど底をつき始める頃。あと2日分くらいしか無いですね。(食料はなんとか数日分ありますし、いざとなればとなり町まで2キロほど歩けばスーパーがありますから大丈夫なんですけれど…。)

ヒミツの泉

ヒミツの泉

この2ヶ月ほど新たな動きが出てきて、音楽の仕事をすこし保留にしています。ですから、まったく「音楽家のウェブサイト」とは言えない状況になってきていますが…。そんなことも、短い人生、いや長い人生の一コマとして面白いんじゃないですかね?と自身をなだめつつ生きています。

今月は、雪かきについてをレポートしてみようかなと考えていましたが、それどころではないと思い、こんなことを書いてみました。来月は書けるかも。

さて、壊れた車と飲料水を何とかしないとな〜。

コメント投稿

スパム防止のためにやむを得ずメールアドレス等の入力をお願いしています。(名前はハンドルネームで結構です。メールアドレスは公開されません。なお、管理者により投稿を確認させていただいてからの掲載になります事をご了承ください。)

 

 

 

You can use these HTML tags

<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>